レビュー

折り畳み式BluetoothキーボードiClever IC-BK03レビュー!スマホの文字打ちに最適!外出先でのブログ更新も捗ります

f:id:bucchiz:20170330234601j:plain

スマホ、タブレットで文字を打つのって結構苦労しませんか?

でもカフェなどで気軽に文章を打ちたい・・そんな時に、見た目持ち運びやすさ使いやすさの3拍子兼ねそなえたキーボードを紹介します。

それがこちらのiClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 ブラック シルバー IC-BK03です。

私自身、外で文章を打ちたいと思い同じ理由でキーボードを探していまして、色々調べた結果、これに辿り着きました。

実際に購入してみましたので、早速紹介します。

<br />

セット内容

こちらが箱に入っているものです。

キーボードを入れる袋があるのは良いですね。

f:id:bucchiz:20170111232816j:image

キーボード外観

f:id:bucchiz:20170111230953j:image

キーボードを閉じるとこんな感じです。

フレームがアルミ合金素材を使用しているので質感がとてもよいです。

上に映っているのは、Fire7タブレットのコスパが最強な件について – Life is alright。の記事で購入したFire7タブレットです。

見てわかる通り、閉じると7インチのタブレットより小さくなります。

キーボードと手のサイズ比較

f:id:bucchiz:20170111230958j:image

実際に手を添えるとこんな感じです。

私は比較的手が大きいほうなので、最初は少し戸惑いましたが、慣れればスムーズに打つことが出来ました。

タイプした時にちゃんとキーが沈むので気持ちよく打つことが出来ます。

畳む箇所のネジのような突起に関しては一見邪魔になりそうですが、キーを打つときはちょうど手が浮く箇所なのでまったく邪魔になりません。

専用の袋に入れた場合のサイズ感

f:id:bucchiz:20170111231007j:image

畳んで専用の袋に入れてもちょっと大きいスマホくらいな大きさです。

かばんに入れてもほとんど邪魔になりません。

実際に使ってみて

まず外でいつでもキーボードを打てるのはよいですね。

今はちょっとした時間があれば、マックやスタバに入ってブログを書いたりしています。実はこの記事も下書きをマックで書きました。

外で下書きし、帰宅後にPCで清書するようにしたので、時間を有効に使えています。

いい買い物をしました。

ちなみに、Fire7タブレットには下記のように専用のケースをつけて、立てた状態でキーボードを使用しています。

f:id:bucchiz:20170111230906j:image

立たせることが出来るケースであればどこででもキーボードを使うことが出来るので重宝しています。

コスパ最強のFire7タブレットでのブログ書きもお勧めです(^^)/