レビュー

部屋のWi-Fiが弱くてよく切断される方にオススメな無線LAN中継機tp-linkの使用レビュー!実際に使ったらアンテナ1本→5本に!

部屋のWi-Fiが弱くてYoutubeで動画を見たりゲームでオンラインプレイをやっていると途中で切断されて困ってしまう方におすすめな無線LAN中継機を紹介します。

実際に私もWi-Fiが弱くて、しょっちゅうモバイルデータ通信に切り替わって知らない間にギガを消費するという問題を抱えていました。

そんな時に思い切って無線LAN中継機を買ったところ、1本だったアンテナがバリ5に! 快適なネット環境に変わりました。もっと早く買っておけば良かったと後悔したほどです。

商品概要

今回購入した商品は「TP-Link」という無線LAN中継機です。

特徴

  • LANケーブルを引いたりWi-Fiが届かないエリアまでWi-Fiシグナルを完璧にお届け
  • デュアルバンドで最大750Mbpsの転送速度
  • コンセントに直接差し込むタイプなので場所を取りません。
  • イーサネットポートを活用して、有線機器をWi-Fi接続するための無線アダプタとして機能
  • 有線ルーターに接続してアクセスポイントとしても利用可能(ブリッジモード)
  • [保証] 業界最高基準の3年保証

公式サイトより

実際に使ってみて分かったことは、まず接続が簡単という点。tip-link側のボタンと無線LANルータ側のWPSボタン(ない機種もあります)を押すだけで接続が完了します。

また見た目がオシャレという点も良いですね。一見すると無線の電波を発するような機器には見えません。安っぽさもないため、人目につくような場所にあっても違和感がありません。

開封

では実際に届いた中継機を紹介します。

内容物

内容物は上記の通り中継基本体と説明書のみ。シンプルですね。中継機は袋に入っており輸送中に傷が付く心配はなさそうです。

本体外観

見た目は白で統一されており接続時にはLEDが光ります。無線LANルータ本体との接続状況によってLEDの光り方が変わるのがなかなか便利です。電源マークの下に見えるボタンはルータ本体と簡単に接続するためのWPSボタンです。ここを押すだけで接続できます。

 

続いて裏側です。この製品はコンセントに直接さすだけで使えます。中継機は通路の途中などに設置することが多いのでこの仕様だと助かりますね。

実際につけるとこんな感じ

このように直接コンセントに挿します。設置場所がないお部屋でも全く問題ありません。我が家では玄関からリビングまでの途中の通路にあるコンセントに挿しています。少しでっぱりがあるように見えますが、今の所ぶつかるということはありません。

接続方法

接続方法は2通りあります。

  • WPS方式

使用する無線LANルータ(もしくはアクセスポイント)がWPSという規格に対応していれば、お互いにボタンを押すだけで接続が完了します。

  • 手動接続方式

無線LANルータがWPSに対応していない場合は、手動でパスワードを入力して接続することになります。

私は無線LANルータがWPSに対応していたので、お互いにボタンを押すだけで接続出来ました。

中継機と無線LANルータ接続後は、SSIDは今までと同じで電波のみ強化された状態になります。スマホやゲーム機などは何も設定を変えることなく使用可能です。

使用後の効果

Tp-Link設置後は、電波強度がMAXになりました。

ちなみに5GHzにOK。IEEE802.11a/b/g/n/acに対応しています。これだけ対応していれば十分ですね。

さいごに

tp-linkを使用することで簡単に快適なネット環境が構築できました。

うちはテレビ番組をipadに飛ばせるのですが、自室では途切れるのであまり見ていませんでした。それがこの中継機を使うことで寝ながら見ることもできるようになってかなり便利になりました。

他にも、私はやっていませんがゲームでネットワーク対戦する方にもおすすめです。対戦中にネットワークが切れると自分はもちろん相手にも失礼ですからね。

価格もAmazonで2千円ちょっと(2018/9/17現在)とかなりリーズナブルですし、快適なネット環境を手に入れられると思えば安い買い物ではないでしょうか。