カラオケ

【カラオケバトル】ブレイク直前歌の新星SPバトル結果まとめ。Ai初の99点台は誰だ!?【2019/11/24】

11月24日のカラオケバトルは『ブレイク直前歌の新星SPバトル結果まとめ』です。

この記事では、出場者、選曲、得点を紹介しつつ、カラオケバトルファンである筆者が独自の視点で点数の解析や感想を書いていきます。

 

見どころ

ブレイク間違いなしなプロシンガー9名が優勝目指してバトルします。

注目すべきは以下のシンガーです。

  • HYボーカルのいとこの平川美香
  • ミスチルや米津玄師のものまね動画で大人気の松浦航大
  • 細川たかしの愛弟子、彩青
  • 人気アニメラブライブ!サンシャインの!!発のグループでセンターを努めた声優の高槻かなこ

なんと今回は精密採点Aiに変わってから初の99点台が出ます。それは誰なのか?優勝は?
気になる一戦です。

A,B,Cブロックで予選を行い、各ブロックの1位3名で決勝を争います。

 

予選Aブロック

出場者とバトル結果

A①平川美香 HY ボーカル仲宗根泉の従妹でユニットも組んでいた歌うま
曲/HY「366日」
95.561(Aブロック3位:予選敗退)
A②松浦航大 俳優・城田優もドはまり!ネットでバズりまくる七色の声を持つ男
曲/米津玄師「灰色と青(+菅田将暉)」
98.389(Aブロック1位:決勝進出)
A③彩青(17) 大御所演歌歌手・細川たかしが惚れ込んだ17歳 最後の愛弟子
曲/細川たかし「望郷じょんから」
97.040(Aブロック2位:予選敗退)

分析&感想

Aブロック勝者は七色の声を持つ松浦航大さんでした。灰色と青は筆者もよく歌いますが、スローテンポでサビの音程が高く抑揚もつけられるので採点向きだと思います。

▽松浦航大さんの分析レポート
音程正確率:92%
表現力:93点(抑揚99点、しゃくり37点、こぶし22回)
Ai感性:92点
ロングトーン:4.5/5
安定性:10/10
リズム:□□□■□□□
ビブラート:3.5(22秒、58回、B-2)

分析レポート的には抑揚99点がすごいですね。しゃくりこぶしでの加点も多いです。あとはAi感性90点超えで素点に+2.335されています。松浦さんの歌声はたしかに聞いていて心地良かったと感じる方は多かったんじゃないでしょうか。納得の決勝進出でした。

▽彩青さんの分析レポート
音程正確率:90%
表現力:79(抑揚98点、しゃくり18点、こぶし40回)
Ai感性:69点
ロングトーン:4.5/5
安定性:10/10
リズム:□□□■□□□
ビブラート:4(21秒、37回、E)

次に彩青さんの分析レポート結果ですが、抑揚が98点あるにも関わらず表現力が79点と低いのが気になりますね。基本的に抑揚さえ良ければ表現力は高得点になるはずなんですが…
Ai感性も低かったようですが、相変わらず採点基準は謎です。

平川美香さんはなんであんなに点数が低かったのか不思議でした…。ただトップバッターにありがちな安定性がイマイチだったので緊張したんじゃないでしょうか。
ちなみに個人的には歌とは別にあのキャラ大好きです(笑

 

予選Bブロック

出場者とバトル結果

B①佐々木李子 国民的ミュージカル「アニー」の主役を務めた声優シンガー
曲/鬼束ちひろ「月光」
95.947(Bブロック2位:予選敗退)
B②二見颯一 演歌の名門が放つ大型オーディション覇者
曲/三橋美智也「哀愁列車」
96.813(Bブロック1位:決勝進出)
B③SIN ISOMER 異色な経歴を持つ美形のメタルシンガー
曲/X JAPAN「Rusty Nail」
95.227(Bブロック3位:予選敗退)

分析&感想

Bブロックは演歌の二見颯一さんが決勝進出です。演歌はあまり詳しくないので感想は割愛しますが、前機種DX-Gでは演歌は採点には不向きとされていました。Aiではどうなのか気になるところです。

Bブロック一人目の佐々木李子さんは表現力が96点、Ai感性が94点と高得点だったにも関わらず、リズム、ビブラートで点数を下げたようです。特にリズムはタメ気味-3でした。歌を聞いてみたところ、感情移入しすぎて各フレーズの歌いだしの最初の発音がかすれてしまいそれが採点マシンには拾えなくてタメとみなされたんじゃないかと思います。

SIN ISOMERさんは完全に表現力64点が原因ですね。抑揚は83点でまずまずでしたが、しゃくりが6回と少なかったので加点があまりなかったはずです。個人的には20回以上は欲しいところですね。多ければ多いほどいいわけではありませんが。

 

予選Cブロック

出場者とバトル結果

C①CHIKO 八村塁に続け!富山から世界を目指すジャズシンガー
曲/MISIA「BELIEVE」
92.603(Cブロック3位:予選敗退)
C②高槻かなこ 超人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」発のグループでセンターを務めた歌うま声優
曲/JUDY AND MARY「そばかす」
98.497(Cブロック1位:決勝進出)
C③吉田ひろき 去年メジャーデビュー!クラシック系イケメン歌謡シンガー
曲/岩崎宏美「聖母たちのララバイ」
93.991(Cブロック2位:予選敗退)

分析&感想

Cブロック勝者は声優の高槻かなこさんでした。声優さんということですが歌唱力は抜群ですね。

▽高槻かなこさんの分析レポート
音程正確率:91%
表現力:92点(抑揚91点、しゃくり8点、こぶし31回)
Ai感性:92点(+3.230)
ロングトーン:4.5/5
安定性:10/10
リズム:□□□■□□□
ビブラート:4(11秒、22回、B-2)

全ての項目で90点以上でバランスが良いです。Ai感性も高得点ですねー。やっぱり声優さんだから人の心を動かす歌い方っていうのを知ってるんですかね…?

Cブロック一人目のCHIKOさんですが、表現力とリズムが足を引っ張ったようです。リズムは一番点数が低くなる走り気味(早く歌ってしまう)なのが痛かったです。ちなみに走り気味という判定は人間が聞いてもほとんどわからないんですよね…。そして一番の原因は表現力で、66点でした。SIN ISOMERさんと同様に、抑揚が85点とまずまずなのですが、しゃくりが8回、こぶしが4回と回数が少ないことが要因だと思います。

 

決勝

出場者とバトル結果

決①二見颯一 選曲/春日八郎「赤いランプの終列車」
92.384(3位)
決②松浦航大 選曲/コブクロ「蕾」
99.334(優勝)
決③高槻かなこ 選曲/大黒摩季「あなただけ見つめてる」
97.270(2位)

分析&感想

見事優勝はコブクロの「蕾」を歌った松浦航大さんでした。なんと精密採点Aiになってから初めての99点台だそうです。

▽松浦航大さんの分析レポート
音程正確率:92%
表現力:96点(抑揚87点、しゃくり50点、こぶし21回)
Ai感性:98点(+1.558)
ロングトーン:4.5/5
安定性:10/10
リズム:□□□■□□□
ビブラート:4.5(36秒、58回、B-2)

分析レポートで特筆すべきは、表現力とAi感性の高さでしょうか。特に表現力はしゃくりが50回と多いため、抑揚が80点台でも表現力が96点とれています。また、Ai感性も98点と高いです。実際にこれはうまいなーと思いましたのでAiの判定も間違っていないですよね。

 

 

まとめ

ということで優勝は、七色の声を持つ松浦航大さんでした。

この方の歌声を聞いているとカラオケバトルで伝説と言われている林部智史さんを思い出します。ここ数年のカラオケバトルは高得点を取れる男性が少ないなので、是非頑張ってもらいたいところです。

さて次回は12/15放送の「U-18歌うま甲子園2019年間チャンピオン決定戦」です。

Ai採点になってから初の100点が出るのか楽しみですね~。

では!